menu

加藤嘉明(かとう よしあき)

Category: 戦国武将

概要

所属  : 豊臣家

没年齢 : 68 (1563 – 1631)

①賤ヶ岳七本槍

徳川家康の家臣、加藤教明の子として生まれた嘉明は、父、教明が三河一向一揆で家康に敵対して敗れ、父と共に近江矢島で豊臣秀吉に仕える。嘉明は秀吉に従い三木合戦で初陣を果たし、山崎の戦いにも参陣。賤ヶ岳の戦いでは加藤清正福島正則らと共に戦功を挙げ賤ヶ岳七本槍と称される。

②淡路水軍

その後も小牧長久手の戦い、紀州征伐、四国征伐に従軍し淡路三原を与えられ志知城主となる。嘉明は九州征伐、小田原征伐に淡路水軍を率いて参戦。小田原征伐では下田城を攻略する。第一次朝鮮出兵では九鬼嘉隆脇坂安治と共に水軍を率いて出陣。安治は閑山島海戦に敗れるも、嘉明、嘉隆は安骨浦海戦で朝鮮軍を撃退する。その功績により嘉明は伊予正木を与えられる。第二次朝鮮出兵では藤堂高虎らと共に水軍を率い漆川梁海戦に勝利する。

③伊予松山藩

秀吉の死去後、石田三成の台頭に反発した嘉明は、清正、正則、池田輝政らと共に三成を襲撃して蟄居させる。家康の会津征伐に従軍中に三成が挙兵すると、嘉明は正則、輝政と共に織田秀信の岐阜城を攻略。その後、大垣城の戦い、関ヶ原の戦いに参陣し武功を挙げる。嘉明の国元、伊予では西軍の村上元吉に侵攻されるも義昭の家臣、佃十成が三津浜夜襲で元吉を討ち取り勝利する。戦後、松山城を築城し居城とする。大坂冬の陣では子の加藤明成を派遣。大坂夏の陣では嘉明自ら出陣する。その後、会津に国替えとなり、その約四年後、死去する。


< NEXT 脇坂安治(わきさか やすはる)

PREV > 有馬晴信(ありま はるのぶ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)