menu

大河兼任(おおかわ かねとう)

Category: 源平武将

概要

所属  : 藤原家(奥州)

没年齢 : ?? (11?? – 1190)

①藤原家の忠臣

出羽大河の豪族で藤原泰衡に仕える兼任は、奥州合戦で秋田城に入り日本海側から侵攻する宇佐美実政、比企能員の軍に備えるも、奥州道を進む源頼朝本隊が阿津賀志山の戦いで藤原国衡を破ると秋田城を出陣し奥州藤原氏の本拠地、平泉へ向かう。しかし途中で平泉陥落の報を受け秋田城に帰参。実政に城を明け渡し降伏する。

②源義経、源義高、出現

その後、兼任は一旦頼朝の家臣となるも、主家である藤原家への忠節を忘れず幕府への反逆を進める。兼任は頼朝の弟で戦上手であった源義経、さらに平家軍を京都から追放した源義仲の子、源義高が存命という噂を流布し、自らの軍を義経、義高と見せかけて暴動を起こし幕府を撹乱する。

③大河兼任の乱

暴動の仕業が兼任であることが判明すると、兼任は鎌倉に向けて進軍を決意する。兼任は大軍を率いて南下を開始するも、凍結した八郎潟を進軍中に氷が割れ半数以上の兵を失う。その後、出羽小鹿で橘公業を敗走させ、出羽秋田で由利維平を、津軽で実政を討ち取る。その後平泉の奪還に成功するも、能員率いる東山道軍、千葉常胤率いる東海道軍が平泉に向けて出陣。さらに足利義兼率いる鎌倉軍が迫ると栗原一迫の戦いで決戦に挑むも敗北。衣川の戦いにも敗れた兼任は敗走し栗原に戻るも栗原寺で討ち取られる。


< NEXT 九条兼実(くじょう かねざね)

PREV > 由利維平(ゆり これひら)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)