menu

藤原忠通(ふじわらの ただみち)

Category: 源平武将

概要

所属  : 藤原家(北家)

没年齢 : 67 (1097 – 1164)

①関白

関白、藤原忠実の次男として生まれた忠通は、父、忠実が関白を辞任するとその跡を継いで関白となる。子に恵まれず、弟の藤原頼長を養子に迎えるも、その後、実子の近衛基実が生まれると頼長との養子縁組を破棄し、頼長との対立が発生。父、忠実は頼長を支援し、忠通は忠実から絶縁される。

②兄弟の争い

後白河天皇が即位すると、忠実、頼長が近衛天皇への呪詛の罪で失脚し、忠通は権力を取り戻す。この摂関家の争いが原因ともなり保元の乱が勃発。忠通は後白河天皇に付くも弟の頼長は崇徳上皇に付き、平清盛源義朝ら武士の力により忠通は勝者となる。

③大殿として

忠通は保元の乱の勝者となるも、同じ摂関家である忠通と頼長が分裂したことや、頼長の所領が天皇に奉還されたことにより摂関家の権力は弱まり、後白河天皇とその側近の信西藤原信頼が権力を持つようになる。忠通が信頼と対立すると、忠通は後白河上皇に失脚させられ関白を子の基実に譲る。しかし平治の乱で信西と信頼が死去すると、忠通は大殿として政治への復帰を果たし協議体制を整備する。出家後、死去する。


< NEXT 藤原頼長(ふじわらの よりなが)

PREV > 平重盛(たいらの しげもり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です